おにぎりの具の鮭の良い選び方

おにぎりの具に鮭を選びたいと思った場合、一番手軽なのは鮭をほぐした物が瓶詰めされている商品を購入するという方法です。

この商品であれば、おにぎりの具を鮭にしたい時に、瓶から好きな量だけ取り出して作ることができ、残りは冷蔵庫に入れて保存しておけるため、とても手軽で楽です。

100円ショップで購入することもできますから、安く済ませたいという人にも良い商品と言えます。おにぎりの具を鮭にする時に、もっと本格的にしたいという人は、やはり鮮魚コーナーで買った方が良いでしょう。

スーパーマーケットの鮮魚コーナーでは、切り身の状態で売っていますから、これを買えば問題ありません。自宅で普通にグリルで焼いても良いですが、洗うのが大変なのが嫌だという人は、フライパンでホイル焼きにするという手があります。

これなら、ギトギトになって洗うのが大変ということがありませんから、気軽に作れます。焼きあがったら、ほぐしていって、おにぎりの具として使いますが、瓶詰めの商品と違って骨がありますので、作る時に混じらないように注意が必要です。

ちなみに、鮭には甘口や辛口など種類がありますから、購入する時には選び方に注意して、自分好みの物を選びましょう。

c1

牛肉を使ったおにぎりの具もある?

牛肉を使ったおにぎりの具として、定番の一つが牛肉のしぐれ煮といえます。ご飯との相性の良さは非常に良く、ボリューム感もあるので、食欲をしっかりと満たしてくれるでしょう。

作り方のポイントとしては、煮汁をしっかりと煮詰めることです。煮詰めてからお肉をくわえることで、お肉は柔らかくなり、しっかりとした味をつけることができます。

レシピとしては、おにぎり2個分で、牛肉のこま切れを40グラム、ショウガを5グラム用意します。作り方は、まずお肉を食べやすい大きさに切り、ショウガは千切りにしておきましょう。

しょうゆを大さじ1、砂糖を大さじ1、酒を大さじ1、塩を少々、すべてなべに入れて、ここにショウガを加えて強火にかけます。沸騰したら中火にして煮詰めましょう。牛肉を入れて煮汁がなくなるまで注意しながら煮つけます。

手に塩をつけて、三角に握ったご飯の中央に穴をあけて、具を詰めましょう。具を詰める時には、十分に冷ましてから詰めるように気をつけます。

この具は冷蔵庫で 4から5日ほど保存が可能です。つくり置きをして、再度おにぎりにするのもよいでしょう。また牛肉ではなく豚肉で作ったり、ごぼうを入れて作るのもおいしい具になります。

c2

シーチキンはどうして人気なの?

コンビニでも人気のおにぎり、特に人気度の高い具がシーチキンです。コンビニの陳列棚をみても、一番目につきやすく、取りやすいところに配置されていることからも、それは一目瞭然の事実です。

でも、どうしてそんなにシーチキンは人気があるのでしょうか。おにぎりは、仕事の合間にも、手軽に食べることが出来て腹持ちがよく、しかも値段もそれほど高くありません。

非常にコストパフォーマンスの高い食品です。具もさまざまなものが用意されているので、毎日食べても違う味を選ぶことが出来ます。選択肢があることは、楽しみも魅力も倍増されることを意味しています。

シーチキンは、おいしさは勿論のこと、ヘルシーさが感じられるところも魅力になっています。おにぎりのでんぷんはエネルギーとなり、具となるシーチキンはたんぱく質として、体の筋肉を支えるものとして摂り込まれます。

脂肪分として体に蓄えられるわけではないというイメージは、おにぎり一つでもカロリーを気にする現代人にとっては、ささやかであっても救いになっているのかもしれません。

食べすぎは何に関しても体によくありませんが、おいしく楽しく食べるおにぎりは、日本人のソウルフードとして大切にしたいものです。

c3

おにぎりは太るのか?

おにぎりをたくさん食べると太っちゃうということはあるかなと思っています。

太っちゃうと対策をしていきたいと考えるでしょう。逆に、食べても太れないので対策を練る人もいるでしょう。

食べても太れないという悩み向けのウェブサイトがあったりします。